蛾(ガ)対策 豆知識 蛾の特徴や害、蛾の対策方法のご紹介 あっと解消 本店


●1万円以上のご注文で送料無料
あっと解消 本店
トップ害獣・害虫 豆知識 > 蛾(ガ)

蛾(ガ)対策 豆知識

蛾(ガ)とは

鱗翅(りんし)目の昆虫のうち、チョウ類を除いたものの総称。
主に、夜間活動し、胴が太く地味な色で、触角は糸状・羽毛状・くしの歯状などをし、静止するときにチョウのように翅(はね)を立てないものをいう。
幼虫は毛虫や芋虫が多く、さなぎになるときに繭を作るものが多い。
日本には約5000種が分布。

蛾(ガ)の特徴
  • 成長段階は、卵 - 幼虫 - 蛹 - 成虫という完全変態をおこなう。

  • 幼虫は植物食のものが多いが、様々な食性を持つものがある。
    例えば主にヒグラシなどセミの仲間に寄生するセミヤドリガ、コナラやクヌギに穿孔し樹液に集まる虫を捕食するボクトウガ、普段は植物食だが機会的にイモムシなどを捕食するオオタバコガ、ミツバチの巣を専食するハチノスツヅリガ、チョコレートなども含む乾燥子実類を食うノシメマダラメイガ、乾燥羽毛・獣毛を食うイガなどがいる。

  • 蛹(さなぎ)になる前に糸を吐いたりして繭(マユ)を作る種類が多く、カイコガなどはその糸が人間に利用される。 ただしスズメガ科の多くの種類など、繭を作らずに土中でさなぎになるものもいる。

  • 成虫の4枚の翅は鱗粉や毛でおおわれる。ただしオオスカシバ(スズメガ科・羽化後に鱗粉を落としてしまう)などの例外がいる。

  • 成虫の触角は先端がふくらまず、糸状や羽毛状の種類が多い。

  • 成虫の口はストロー状に細長く伸びており口吻と呼ばれる。花の蜜や樹液、果汁など水分を吸うのに適している。ただしカイコガやミノガなどの成虫は口が退化していて、幼虫時代に蓄えた栄養分だけで活動する。また、コバネガなどでは咀嚼可能な口器を持ち、花粉などを食べる。

  • 夜に行動する種類が多いが、サツマニシキ(マダラガ科)などのように派手な体色を持ち昼間に行動するものもいる。
主な蛾(ガ)の害
  • 作物や庭木の園芸植物の食害
  • 不快害虫
  • 毒針毛や毒棘による、皮膚炎の原因
蛾(ガ)の駆除方法
  • 殺虫剤
  • 殺虫器
  • 忌避剤で追い払う
駆除する
スティンガーフロアブル
チョウ目害虫に効果抜群の殺虫剤!
「スティンガーフロアブル」
27,840円
ハチ・アブ ダブルジェット 450ml
屋外の害虫に適量を噴射してください
「ハチ・アブ ダブルジェット 450ml」
4,835円

殺虫器 有効成分で寄せ付けない
ウルトラベープPROセット
店舗や工場、イベントに虫をよせ付けない!
「ウルトラベープPROセット」
28,500円
虫コナーズ スプレータイプ ガラス用
窓ガラスに噴霧塗布(スプレー)するだけ!
「虫コナーズ スプレータイプ ガラス用」
5,910円


豆知識 一覧

●害獣対策 豆知識



●は虫類 豆知識



●害鳥 豆知識



●害虫 豆知識



買い物かごを見る
新商品やセールなど、お得な情報をメルマガでゲットしよう!
商品を探す
新着情報
ご注文・お問合せ先の電話番号、フリーダイヤル0120-988-008