シカ対策 豆知識 シカの特徴・対策方法のご紹介 あっと解消 本店


1万円以上で送料無料
あっと解消 本店
トップ害獣・害虫 豆知識 > シカ

シカ対策 豆知識シカ対策 豆知識

シカとは

シカは、鯨偶蹄目(げいぐうていもく)シカ科に分類される哺乳類の総称です。 日本では、単にシカと言う場合は、ニホンジカを指します。 名前から得られる印象とは異なり、日本以外にも広く分布しています。 国内では、北海道から九州に掛けて広く分布しています。

体長は110〜170cm、体重は40〜110kgで、大型の動物です。 オスのみが角を持っています。 食性は草食で、下草・稲・苗木・樹木の枝葉や樹皮などあらゆる植物を好んで食べます。 地方によって好む食物に差があります。

近年では、暖冬続きにより越冬が容易であったことなどから個体数が増加し、森林の食害による被害が深刻化しています。

シカ対策
シカの特徴
シカの特徴
  • 繁殖力が旺盛で、4年で約2倍に増加するといわれる
  • 一夫多妻で、オスの個体数が減少しても繁殖力が衰えない
  • 食性は草食
  • オスは角を持っており、毎年角が生え替わる
  • 森の中でも俊敏に移動できる
  • 跳躍力が優れており150cmを越える柵を跳び越えた例がある
  • 性格は非常に臆病である
  • 日本で広く生息している

シカの被害を防ぐために
  1. 柵・電柵による侵入防止

    通常の侵入防止柵であれば、1.5m〜2mほどの高さが必要です。
    電気柵は、対象となる動物に応じてポールの間隔やワイヤーの間隔を調整します。
    ※地域によって設置費用の助成が受けられます。

  2. 音や光などでシカを威嚇する

    通常の侵入防止柵であれば、1.5m〜2mほどの高さが必要です。
    電気柵は、対象となる動物に応じてポールの間隔やワイヤーの間隔を調整します。
    ※地域によって設置費用の助成が受けられます。

  3. 罠などで捕獲する

    敷地所有者の許可があり、狩猟期間内あれば、狩猟免許が無くとも罠を設置できます。
    ※狩猟期間は、各自治体の担当課にご確認ください。
    ※期間外の捕獲には有害鳥獣駆除の許可等が必要です。

対策方法について ニオイで追い払う
オオカミ(ウルフ)尿

<特徴>

  • 狼の尿のニオイを恐れて、作物や民家へ動物を近づけなくします。
  • 使い方は、付属の容器にオオカミ(ウルフ)尿を入れ、3〜6m間隔で吊すだけ!
  • 約30gの充填で約33日効果が持続します。

<注意点>

  • 自然排泄の狼の尿なので、人も多少臭いを感じます。

威嚇して追い払う
ヤードセンティネル・デラックス

<特徴>

  • 超音波や威嚇音、青色LEDフラッシュライト等を使い、害獣・害鳥を追い払います。
  • ダイヤルを調整して、対象動物の苦手とする音、音量に設定できます。
  • スイッチの切り替えで、昼間のみ、夜間のみ、24時間作動の変更が可能。

<注意点>

  • 設置場所や様々な条件・環境により効果が出るまでに通常2〜4週間程を要します。

侵入を防ぐ
簡単金網フェンス改良型1800

<特徴>

  • 施工が簡単な金網フェンス。
  • 支柱は土に差しこむだけ、ネットは支柱のフックに引っ掛けるだけ!
  • ヘビータイプの支柱の為、重くて頑丈。

<注意点>

  • 地盤の弱い箇所に設置する場合は、基礎工事をおすすめします。

捕獲する

<特徴>

  • 畑を荒らすイノシシ・サル・鹿を一網打尽!
  • 本体も軽量(2kg)で持ち運びが簡単!
  • 足踏込差が深いため、足首がちぎれる恐れもなく安全に捕獲できます。

<注意点>

  • 動物虐待目的には絶対使用しないでください。

豆知識 一覧

●害獣対策 豆知識

ネズミ 猫(ネコ) 犬(イヌ) イノシシ
猿(サル) ・鹿(シカ) 熊(クマ) モグラ
タヌキ イタチ ハクビシン キツネ
アライグマ コウモリ



●は虫類 豆知識

蛇(ヘビ)



●害鳥 豆知識

カラス 鳩(ハト) スズメ ムクドリ



●害虫 豆知識

ゴキブリ シロアリ クロアリ ダニ
ノミ ムカデ ダンゴムシ ユスリカ
チョウバエ ハエ 蛾(ガ) 蚊(カ)
蜂(ハチ) 蜘蛛(クモ) カメムシ



買い物かごを見る
新商品やセールなど、お得な情報をメルマガでゲットしよう!
商品を探す
新着情報
ご注文・お問合せ先の電話番号、フリーダイヤル0120-988-008