ユスリカ対策 豆知識 ユスリカの駆除・対策方法のご紹介 あっと解消 本店


1万円以上で送料無料
あっと解消 本店
トップ害獣・害虫 豆知識 > ユスリカ

ユスリカ対策 豆知識

暖かくなると増えてくる、ユスリカの対策方法をご紹介します!
ユスリカの対策方法は、大きく分けて3つあります


ユスリカを駆除する商品
デミリン発泡錠

<特徴>

  • ユスリカ等の幼虫が薬剤の効果で脱皮に失敗し、成虫になることなく死んでいきます。
  • 発生場所に、錠剤を直接投入または、水に溶かして散布して下さい。
  • 効果は流れの無い場所で、最大1ヶ月持続。

<注意点>

  • 幼虫を対象としている為、成虫に対しての効果は無い。


業務用 フマキラーPGガード

<特徴>

  • カメムシ、ユスリカ等が対象の殺虫スプレー。
  • また窓ガラスや自動販売機などに噴霧することで、害虫を寄せつけません。
  • ガラス面、自動販売機の電照板に噴霧しても、透明感が損なわれることはありません。

<注意点>

  • 人・家畜・ペット(特に水系生物)等に向けて噴霧しないでください。

殺虫器で駆除する商品
ウルトラベープPRO

<特徴>

  • 灯りによってくる害虫の対策に!
  • 無煙・無臭の安全な薬剤で害虫を駆除、寄せつけません
  • 電池式なのでコンセントのない場所にも設置が可能。

<注意点>

  • 火気の近くや高温・高湿となる場所で使用しないでください。

ユスリカを追い払う商品
サラバースプロ

<特徴>

  • 成分の持続作用によって害虫の寄り付きを防ぎ、成長を阻害します。
  • 人に無害で、使いやすく、多種類の屋内害虫、害獣に効果があります。
  • 害虫が自ら逃げ出すので、殺虫剤のように死骸の処理は必要ありません。

<注意点>

  • 本品は屋内用となっております。

ユスリカとは

「ユスリカ」とは、昆虫綱ハエ目ユスリカ科に属するハエの仲間で、一見すると血を吸う「蚊」に良く似た昆虫です。
池の近くや川沿いなどに、たくさんの小さな虫が集まって柱状に飛んでいるのがユスリカです。
ユスリカは、世界に約10,000種いることが知られており、日本でも約1,000種類が報告されています。
このほとんどの種類は、水中や湿った土中で卵から幼虫になり、そして蛹(サナギ)となって、最後に成虫へと変態していきます。
成虫になったユスリカは、陸上で交尾を経て産卵し、その一生を終えます。

ユスリカの特徴
  • 蚊によく似ており、電灯の灯などにもよく集まるが、蚊とは科が異なる昆虫で、蚊のように動物や人を刺したり、その血液を吸うことはない。
  • 成虫は微小-小型で、体長は0.5mmから1cm程度。
  • 川や用水路などで発生するが、特に生活排水などで汚れた「どぶ川」では大量発生することがある。
  • 羽化した成虫は川の近くで、たくさん柱状に集まって飛んでいることがよくある。いわゆる「蚊柱」をつくっている昆虫である。

主なユスリカの被害
  • 人を刺すことはないが、水に棲む幼虫が、生活排水による川の汚れなどにより、川の富栄養化が進むと大量発生して害となる。
  • 川のそばを歩くのも困難なほど大量発生すると、川の近隣住宅においては、洗濯物を干せない、窓を開けられないといった問題が起きる。
  • 小型のユスリカでは、成体が直接眼や口に飛び込むことで炎症を起こす可能性もある
ユスリカの被害を防ぐために
  1. 発生源対策をする
    • ユスリカの発生場所(河川や側溝など水域)に殺虫剤を散布する
    • 敷地内の側溝や水溜りからも発生することがあるため、ユスリカ幼虫の生息場所となる汚泥(ドロ)や水は取り除くなど定期的な清掃を行なう。
  2. 殺虫器を使用する
    • 建物の出入口などには取り付けると、殺虫器の周辺に飛んでくるユスリカを駆除することが可能です。
  3. 薬剤を散布し、寄せつけない
    • 窓やシャッターに吹き付けて害虫を寄せつけない

豆知識 一覧

●害獣対策 豆知識

ネズミ 猫(ネコ) 犬(イヌ) イノシシ
猿(サル) 鹿(シカ) 熊(クマ) モグラ
タヌキ イタチ ハクビシン キツネ
アライグマ コウモリ



●は虫類 豆知識

蛇(ヘビ)



●害鳥 豆知識

カラス 鳩(ハト) スズメ ムクドリ



●害虫 豆知識

ゴキブリ シロアリ クロアリ ダニ
ノミ ムカデ ダンゴムシ ・ユスリカ
チョウバエ ハエ 蛾(ガ) 蚊(カ)
蜂(ハチ) 蜘蛛(クモ) カメムシ



買い物かごを見る
新商品やセールなど、お得な情報をメルマガでゲットしよう!
商品を探す
新着情報
ご注文・お問合せ先の電話番号、フリーダイヤル0120-988-008