モグラの被害にお困りの方へ!モグラの対策方法・対策商品をご紹介 あっと解消 本店


トップ害獣・害虫 豆知識 > モグラ

モグラ対策 豆知識モグラ対策 豆知識

モグラの被害にお困りの方へ!

田んぼや畑を荒らすモグラ。

そんなモグラの生態や、対策方法・対策商品をご紹介させていただきます。


モグラの生態について
  • ずんぐりとした胴体

  • とがった鼻を持ち、眼は退化して小さく視力はほとんどない。また、耳も外見からは見えない。

  • 四肢は短く、前足の掌部は平たく大きくなり、鋭い爪がある

  • 前足は下ではなく横を向いているため、地上ではあまりうまく扱えない

  • 全身が細かい毛で覆われ、鼻先だけが露出している

  • 尾は短い棒状

  • モグラは光に弱いと言われているが、実際はそんなことはなく、昼間でも地上で行動できる

  • 体が何かに触れていないと落ち着かない為、地上でパニックになりエサを探せず死ぬことがある
モグラ対策
モグラの特徴
モグラの特徴
  • 一生のほとんどの時間を地中で生活する。

  • トンネルの中には、頻繁に行き来する通路とそうでない通路がある。

  • 巣を作るために出た土は、地上に出される。(モグラ塚)

  • 巣の一部が壊された場合は補修する。また、異物が入った場合は地上に出す。

  • 巣に侵入した者を咬み殺そうとする。

  • 聴覚・臭覚が発達している。(音・臭いに敏感)

  • 泳ぎが上手く、水辺を泳いで移動出来る。

  • エネルギーの消費が激しく、大量の食物を必要とする。(胃の中に数時間〜十数時間食料が無いと死亡する)

  • 冬でも冬眠せずに、地下深くでエサを探し続ける。

  • 主食はミミズや昆虫の幼虫・昆虫など
    ※植物への被害は、トンネルを掘る際に根を傷つけたか、モグラのトンネルをネズミが利用している可能性があります。

主なモグラの種類

下記のモグラ以外にも、亜種や別種とされる種類が存在します。

種類 生息地域 特徴
アズマモグラ 本州(中部以北のほか、紀伊半島、広島県などに孤立小個体群)・四国(剣山・石鎚山)・小豆島・粟島(新潟県)
低地の草原や農耕地から山地の森林に生息
主に東日本に分布する日本固有種。
短い尾を持つ
生息する環境により大きさが異なる
絶滅危惧I類(大阪府)
絶滅危惧II類(愛知県)
準絶滅危惧(京都府・鳥取県・広島県・香川県)
コウベモグラ 本州(中部以南)・対馬・種子島・屋久島・隱岐など
アジア大陸
平地から山地まで広く生息
西日本に棲息する大型種で、アジア大陸にも分布。
1つのトンネルを縄張りにして生活をする。
サドモグラ 本州(越後平野)・佐渡島
平野部の農耕地や水田付近、河畔の土壌が深い草原などに生息
日本固有種
準絶滅危惧(NT)
越後平野に生息する種はエチゴモグラとも呼ばれる(絶滅危惧IB類(EN))
センカクモグラ 尖閣諸島 日本固有種
絶滅危惧IA類(CR)
生息数は非常に少なく、存続が危ぶまれている。
ミズラモグラ 本州(青森県〜広島県)
低山帯から高山帯までの森林に生息
日本固有種
準絶滅危惧(NT)
本州からしか発見されておらず、棲息数は少ない。
ヒミズ 本州・四国・九州
低山帯の森林や草原の落ち葉の下に生息
日本固有種
モグラに比べ小型、長い尾を持つ。
落ち葉や腐食層に浅いトンネルを掘り、夜間には地表も歩き回る、半地下性の生活を営む。
ヒメヒミズ 本州・四国・九州・淡路島・小豆島・対馬・隱岐など
標高の高い山地に生息
日本固有種
頭胴長70〜84ミリ、非常に小型。
はっきりしたトンネルは掘らず、落ち葉の下などで単独で生活する。
※絶滅危惧種について(環境省レッドデータブック)
絶滅危惧IA類(CR) ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種
絶滅危惧IB類(EN) IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種
準絶滅危惧(NT) 現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種
地方公共団体や学術団体が発行するレッドデータブックでは、表記が異なる場合があります。
モグラの巣について 巣の構成

モグラの巣は、「エサを捕る場所」「エサを蓄える場所」「休憩する場所」「水を飲む場所」「侵入者から身を隠す場所」「それらを行き来する為」のトンネルで構成されています。

トンネルの中には、縄張りとなる前述の場所を繋ぐトンネルや、エサを捕るために掘ったトンネル等があります。
巣の各所を繋ぐトンネルは本道(本管)、エサを捕る場所でエサを捕る為に掘ったトンネルを支道(支管)等と呼ばれています。

本道は何度も行き来しますが、支道はめったに通らなかったり、一度きりしか通りません。

巣を作る場所

モグラの巣は、雨をしのぐため木の根や小高い丘の下を中心に巣を作ります。
そこから、田畑(エサのある場所)に向かって塀や木などの障害物に沿ってにトンネルを掘ります。
繁殖期にオスはメスを探すため行動範囲を広げます。

モグラ退治の方法

モグラ退治の前に、モグラは地面の中にいる為、巣(トンネル)を見つける必要があります。

@ モグラ塚を探す
モグラ塚について

モグラは巣を作るために掘り出した土を地上に押し上げ、モグラ塚を作ります。
モグラ塚は地表に土が盛られた形で現れるため、見つけやすいです。


A 地面の盛り上がりを探す

モグラが浅い地中を掘り進む際、地面が少し膨らんだ形又はひびが入った状態になります。
主に塀などの障害物に沿った場所や、田畑の畦(あぜ)や畝(うね)に見られます。

B 本道、支道を確認する

上記の場所を掘るとトンネルが見つかりますが、トンネルが頻繁に通る道(本道)か、めったに通らない道(支道)なのかを見分ける必要があります。

■本道と支道の見分け方
トンネルを埋めて地面を平らにします。
モグラは本道が崩された場合、修復する習性があるので、再びトンネルが出来上がります。

対策方法について 音波振動で追い払う
モグガード

<特徴>

  • 音波振動でモグラを追い払う!
  • 地面に埋めるだけでモグラを近づけない!
  • モグラの感覚は非常に敏感で、どんな小さな振動でも探知できるという性質を利用した商品です。

<注意点>

  • 本器は雨でも使用できますが、激しい雨や水中では使用できません。冠水すると故障します。

ニオイで追い払う
もぐらパニック

<特徴>

  • モグラの嫌いなヨード臭で追い払う!
  • 使い方は簡単!土に埋めるだけ!
  • 環境にやさしいヨウ素だから、動物・植物に無害で安心・安全。

<注意点>

  • 逃げ場が無いと逃げ場を探し、より活発に動くため、逃げ場を確保する必要がある。


モグラ対策スティック

<特徴>

  • 土にさすだけカンタン!
  • 辛味成分がゆっくりと地中に溶け出します。
  • 土に還るから回収は不要です♪

<注意点>

  • 設置する場所が乾燥していると効果が現れにくいため、設置後は水を散布するなどして湿らせてください。

捕獲する
もぐら取り器2P

<特徴>

  • 2台セットの販売なので、左右どちらから進入しても捕獲できます!

<注意点>

  • モグラの本線(通り道)に設置する必要がある。

モグラ対策商品 売れ筋ランキング
音波振動

モグガード
¥4,000
ニオイ
もぐらパニック
¥2,480
音波振動
モグラ撃退器
¥2,400
ニオイ
モグラ対策スティック
¥2,910
捕獲
モグ落下
¥2,840
音波振動

モグガード
¥4,000
ニオイ

もぐらパニック
¥2,480
音波振動

モグラ撃退器
¥2,400

豆知識 一覧

●は虫類 豆知識

ヘビ


●害鳥 豆知識

カラス ハト スズメ ムクドリ



買い物かごを見る 買い物かごを見る
新商品やセールなど、お得な情報をメルマガでゲットしよう!
商品を探す
新着情報
ご注文・お問合せ先の電話番号、フリーダイヤル0120-988-008