サル対策 豆知識 サルの特徴・対策方法のご紹介 あっと解消 本店


トップ害獣・害虫 豆知識 > サル

サル対策 豆知識サル対策 豆知識

サルの被害にお困りの方へ!

サルは農作物の食害だけでなく、人や家畜へ攻撃をする可能性があります。

そんなサルの生態や、対策方法・対策商品をご紹介させていただきます。


サルの生態について
  • 雑食性
     →植物食寄りの雑食性です。
      果実や虫も好んで食べますが、肉や魚は食べません。

  • 生態能力について
     →視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚は人間とほぼ同じです。
      触覚は痛みや寒さに強いとされます。

  • 学習能力について
     →幼稚園児程度の知力があるとされています。

  • 群れについて
     →複数のオスと複数のメスからなる、数十〜数百頭の群れが作られます。
      群れは母系社会で、メスは自分が産まれた群れから出ることはありません。
      しかし、生後3〜8年経ったオスは群れから出入りする事があります。

  • 繁殖について
     →交尾期は年1回で秋から冬、出産期は春から夏です。
      2〜3年に1頭の割合で出産しますが、餌が豊富にあると年1頭ずつ産みます。
サル対策
サルに出会った時の対処法
サルの特徴
  • 近寄らない
     →逃げ道を塞がれたと思い込み、攻撃してくる可能性があります。

  • 目を合わせない
     →サルは目を合わせると、威嚇していると感じます。
      目を合わせないように、ゆっくりとその場から立ち去ってください。

  • 大声を出さない
     →大声を出すとサルが興奮する可能性があるため、なるべく静かに行動しましょう。

  • 餌を与えない
     →人間から食べ物がもらえるとわかると、力の弱い女性や子供から食べ物を奪おうとします。
      絶対に餌を与えないでください。
対策方法について ニオイで追い払う
オオカミ(ウルフ)尿

<特徴>

  • 狼の尿のニオイを恐れて、作物や民家へ動物を近づけなくします。
  • 使い方は、付属の容器にオオカミ(ウルフ)尿を入れ、3〜6m間隔で吊すだけ!
  • 約30gの充填で約33日効果が持続します。

<注意点>

  • 自然排泄の狼の尿なので、人も多少臭いを感じます。

電気柵を張る

<特徴>

  • 畜産用及びレジャー施設にアポロの電子防護器!
  • 害獣被害を強力に防止する電気柵セット
  • 乾電池駆動で手軽に使えます。

<注意点>

  • 防護装置のシステムを設置されましたら“感電注意”の表示板を必ず取り付けてください。

捕獲する

<特徴>

  • 畑を荒らすイノシシ・サル・鹿を一網打尽!
  • 本体も軽量(2kg)で持ち運びが簡単!
  • 足踏込差が深いため、足首がちぎれる恐れもなく安全に捕獲できます。

<注意点>

  • 動物虐待目的には絶対使用しないでください。


豆知識 一覧

●は虫類 豆知識

ヘビ


●害鳥 豆知識

カラス ハト スズメ ムクドリ



買い物かごを見る 買い物かごを見る
新商品やセールなど、お得な情報をメルマガでゲットしよう!
商品を探す
新着情報
ご注文・お問合せ先の電話番号、フリーダイヤル0120-988-008