クマ対策 豆知識 クマの特徴・対策方法のご紹介 あっと解消 本店


トップ害獣・害虫 豆知識 > クマ

クマ対策 豆知識クマ対策 豆知識

クマとは
  • 食肉目クマ科の哺乳(ほにゅう)類の総称。
  • 尾は短く,毛は一般に長くて密生。四肢は太くがんじょう。吻(ふん)は突出する。
  • 日本国内には北海道に生息するヒグマと、本州以南に生息するツキノワグマの2種類のクマがいる。
  • ツキノワグマは平均的な個体で、頭胴長(頭の先からお尻まで)は110〜130センチ、体重はオスが80キロ程度、メスが50キロ程度。
  • 成獣で頭胴長(頭の先からお尻まで)は200〜230センチ、体重は150〜250キロとされている。
クマの特徴
クマの特徴
  • クマの知能はイヌと霊長類の間とも言われ、知能が高く記憶力・類推能力に長ける。
  • 朝夕の薄暗い時間帯がクマの採食時間と言われている。
  • 人より早く走れる。泳ぎ・木登りが得意。
  • クマは肉食獣の一種ととらえられがちだが、実はネコ科の雑食性で、しかもドングリ等の木の実を主食とする。

対策方法について ニオイで追い払う
オオカミ(ウルフ)尿

<特徴>

  • 狼の尿のニオイを恐れて、作物や民家へ動物を近づけなくします。
  • 使い方は、付属の容器にオオカミ(ウルフ)尿を入れ、3〜6m間隔で吊すだけ!
  • 約30gの充填で約33日効果が持続します。

<注意点>

  • 自然排泄の狼の尿なので、人も多少臭いを感じます。

電気柵を張る
エリアシステム電気柵セット(二段張り)

<特徴>

  • イノシシ・サル・鹿・狸・クマ被害を強力に防止する電気柵セット。
  • 乾電池駆動で手軽に使えます。
  • 昼夜(連続)モード、昼間モード、夜間モードの切り替えが可能です。

<注意点>

  • 防護装置のシステムを設置されましたら“感電注意”の表示板を必ず取り付けてください。

捕獲する
クマ用ドラム式捕獲器

<特徴>

  • 熊に対応するドラム型の箱罠。
  • 3分割で運びやすく、設置する場所を選びません。
  • 線材の檻と違い強度に優れており、捕獲したクマを傷つけることがありません。

<注意点>

  • 動物虐待目的には絶対使用しないでください。

スプレーで追い払う
催涙スプレー ペッパーベアーメース

<特徴>

  • クマ等の大型動物撃退用に作られた超強力催涙スプレー!
  • 唐辛子を主成分としたOCガスを使用。
  • 目に入った場合には最大の痛みを伴い、体に付着した場合でも毛穴から吸収されると火傷のような痛みを伴います。

<注意点>

  • 人に向けて使用しないでください


豆知識 一覧

●は虫類 豆知識

ヘビ


●害鳥 豆知識

カラス ハト スズメ ムクドリ



買い物かごを見る 買い物かごを見る
新商品やセールなど、お得な情報をメルマガでゲットしよう!
商品を探す
新着情報
ご注文・お問合せ先の電話番号、フリーダイヤル0120-988-008